最高級のみかんつくりめざして! 一生園みかん

一生園みかん

− お知らせ −

2022年季 温州みかんのご予約受付は11月7日より承ります。

★一部の商品に価格変更がございますので、ご確認の上ご注文下さいますようお願い申し上げます。
★一生園では樹生り完熟にて収穫しますので11月下旬からのお届けになります。
★より安心安全で元気な果実のご提供をめざし、更なる減農薬栽培に取り組んでいるため
上皮に多少の見栄えの低下があろうかと思われますが、どうぞご承知くださいませ。
2022年季の防除履歴

★一生園みかんジュース「 JUS DE MANDARINE 」のご注文は
 上記「商品ページはこちら」からご予約ページにお進み頂けます。

上選タイトル
上撰品

上撰「木熟みかん」
Lサイズ
5kg箱入り価格:
   7600円
ご購入はこちら

上撰品

上撰「木熟みかん」
Mサイズ
5kg箱入り価格:
   6500円
ご購入はこちら

上撰品

上撰「木熟みかん」
Sサイズ-----数量限定
5kg箱入り価格:
   5400円
2.5kg箱入り価格:
   3000円
2.5kg箱×4価格:
   10600円
ご購入はこちら

上撰品

上撰「小玉みかん」
2Sサイズ-----数量限定
5kg箱入り価格:
   4300円
2.5kg箱入り価格:
   2500円
2.5kg箱×4価格:
   8500円
ご購入はこちら

佳選タイトル
浜のなごり実 山のにぎわい

「浜のなごり実 山のにぎわい」大小混合
(12月中旬以降は品種も混合されます)
10kg箱入り価格:
   6500円
ご購入はこちら (表皮に多少傷有り、果実の味は変わりません)

浜のなごり実 山のにぎわい

「浜のなごり実 山のにぎわい」大小混合
(12月中旬以降は品種も混合されます)
5kg箱入り価格:
   3700円
ご購入はこちら (表皮に多少傷有り、果実の味は変わりません)

− お知らせ −

大変申し訳ございませんが、諸事情により2023年分
“船長さんのネーブルオレンジ” の一般販売を休止致します。

2022年3月〜4月お届け分
早 期 予 約 割 引 超割30 早割20 特割10 普通予約
受 付 期 間 5月20日〜26日 6月1日〜7日 7月1日〜7日 2月〜3月
販 売 数 量30箱 50箱 50箱 限定数量
(1)5kg箱詰
   内容量:3.5kg
   サイズ:4L~3L
   個数:12~15個
価格
(税込)
3150円 3600円 4000円 4500円
(2)10kg箱詰
   内容量:8kg
   サイズ:4L~3L
   個数:30~35個
5250円 6000円 6750円 7500円
(3)10kg箱詰
   内容量:8kg
   サイズ:3L~2L
   個数:35~40個
4550円 5100円 5800円 6500円
(4)10kg箱詰
   内容量:8kg
   佳撰混合
   個数:30~40個
4000円
※船長さんのネーブルオレンジは別途配送料を頂きます。

2015 早生みかん 完熟待ち

|
心華寺奉納みかん (1).jpg長い期間 Web日記が滞ってしまいました
園地での畑仕事は誠実に積み重ねております

今シーズンも各地からサポータの皆さんと共に
大勢の皆さんが農業体験にお越しいただきました

園地内の雑草取りをお手伝い頂いたおかげで
カミキリムシの幼虫除去も捗り
園内のみかんの樹も元気です



2014年1月1日

|
早朝、師匠である橋本博幸さんと
昨年一年の感謝の気持ちと
新たな年への更なる成長を初日の出に願う

2014.1.1.初日の出.jpg
黒竹園地から臨む
20141.1朝.jpg



樹生り完熟

|
昨日に引き続き
黒竹第2園地の越年みかんの収穫

木熟完熟?
いえ、樹熟完熟・・・
いえいえ、樹生り完熟!

2013.1.4.hashiotoyama (3).jpg

園地斜面が北東にむいているため
日照時間が短いため積算日照時間を満たすまでには
どうしても越年がやむを得ない

しかも一番高い場所に在るため寒に耐えうるよう
秋肥をたっぷりと与え
またその貯蔵用分は樹への着果負担もリカバリーしてくれる

2013.1.4.rakuchan (2).jpg

2013.1.4.senkasagyo (3).jpg

昨日今日と一泊二日で帰省したRakuchan一家も
寒さに震えながら収穫と撰果作業を手伝い
今夜東京に戻った
Thanks for your support.


おまけshot !  Hana vs Raku
2013.1.4.hanachan vs raku (5).jpg

2013.1.4.hanachan vs raku (2).jpg
 
Raku は興味を示すものの
どうやらHanaちゃんはにとっては煩かった様子だった 笑・・